太陽光発電システム(家庭用)の取り付け価格が1番安い業者を探すならここ!

太陽発電を導入するにあたって

2011年3月11日、未曾有の大災害「東日本大震災」が起きてからすでに1年半ほどたちました。地震大国日本において、長い間「いつか大地震が来るぞ」という話はちょくちょくと聞いていました。東日本大震災が起きるまで、東海地方を襲う「東海大地震」が最有力視されていましたが、結果として東北地方で起きてしまったのです。所詮人間が自然の営みを予測したり、防御したりするのには限界がある、ということを思い知らされたのです。

 

この地震がもたらした最大のインパクトは、福島原発の大事故です。それまで原発はクリーンエネルギーで、しかも「安全・ローコスト」と政府・電力会社に意識づけられていた人々は、「だまされていた」という感覚に近いショックを受けたのです。クリーンエネルギーどころか放射能をまき散らす危険があることに気づき、コストが安いというのも政府が税金で地元にお金をばらまいて原発を設置していたのでさほど安くなく、最悪だったのは「何重にも安全対策を施しているから“絶対”大丈夫」といっていたのが大地震で覆されたのです。

 

こうなると人々は「もうそんな危険なものはやめよう」という声を出します。粘る政府も内心では「やめたい」と思っているにも関わらず、経済面のことを考えるとなかなか原発に見切りをつけづらくなっているのが現状です。しかし世界的な潮流も反原発・脱原発になってきています。踏みきれないのはドイツを除く諸経済大国です。しかしドイツが脱原発路線にたどり着くまで、相当の年月が掛かりました。

 

ともあれ、世界的な議論は続くにせよ、これからの時代はリスクの少ないクリーンエネルギーを求めていく流れになっていくのは間違いなさそうです。「水、風、地熱、そして太陽をなんとか有効に使えないものか」と、人々が本気になって考え始めるきっかけを与えてくれたのが「3.11」だったのだと思います。近年注目されている石化エネルギーの弊害である「地球温暖化」とあわせ、恐らく神様が人間を試しているのではないでしょうか。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市